「自宅が中心」の未来に挑む、旅行者・移動者向けフードサービス | Market Research Blog

※本記事は英語でもご覧いただけます:Travel and On-the-Go Foodservice Must Prepare for a Home-Orientated Future 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは、フードサービス業界に恒久的な影響をもたらしました。多くの国で、政府による飲食店での食事の規制や、入店できる人数の制限といった短期的な感染拡大防止対策が講じられ、同業界の売上は大きな打撃を受けました。在宅勤務への移行がさらに進むといった長期的な変化は、消費者が今後どのように移動するかということだけでなく、フードサービスの売上を左右する人々の出足にも影響をもたらすことになります。 トラベル(旅行者、移動者向け)フードサービス市場はこれまで、予測可能な消費者の行動パターンを基盤として拡大してきました。在宅勤務が常態化し、企業が移動費を削減するようになると、消費者の行動パターンは予測がしづらくなり、自宅で物事を済ますことが多くなります。これによって人々は、外出時のフードサービス体験により多くを期待し、より贅沢にお金を使うようになります。 パンデミック発生前、トラベルフードサービスを支えた通勤と出張 ユーロモニターインターナショナルの調査によると、パンデミック発生前の2019年、全世界のフードサービス業界の売上の4%が道路沿いや駅、空港などにある飲食店といった、旅行や移動に関わる場所で発生しており、合計で1,170億米ドルに達していました。McDonald’s(マクドナルド)、Starbucks(スターバックス)、Prét-a-Manger(プレタマンジェ)といった多国籍チェーンは、この旅行・移動セグメントにおいてもお馴染みのメニューを提供し、売上を急速に伸ばしました。毎日同じ店の前を通る通勤客には店のアプリのダウンロードを促し、常連化に導きました。これにより、他の場所に行った際にも同じブランドの店舗を探して利用する顧客が現れるなど、顧客ロイヤルティが育ちました。 旅行・移動セグメントにおける世界のフードサービス売上:2018-2023年 Source: Euromonitor International Passport Industry

Read more