ポストコロナ時代に向けて企業目標と戦略を再考する | Market Research Blog

※本記事は英語でもご覧頂けます:Realigning Corporate Objectives and Strategies for a Post-COVID Future ポストコロナの時代に向け、あらゆる業界の企業が、ニューノーマルな世の中における消費者の要求に応えるために、企業目的と戦略の再構築を行っている。 ユーロモニターの「ボイス・オブ・ザ・インダストリー:ライフスタイルサーベイ(2020年)」の結果によると、企業の戦略策定と立て直しには、「消費者中心」、「デジタライゼーション」、そして「サステナビリティ」の3つの分野が重要となることが明らかとなった。 Source: Euromonitor International 企業戦略は消費者中心でなければならない 新型コロナウイルス(COVID-19)により、消費者行動は大きく変容した。あらゆる世代の消費者が、買い物をする場所や方法、人付き合い、仕事の仕方など、生活のさまざまな領域において新たな習慣や日課を作り出しており、その多くが今後も定着するとみられている。企業は、自宅や自宅近くに留まることが多くなった消費者へのアプローチ方法や、いつどこからでも商品やサービスにアクセスできる仕組みを提供するなど、そういった変化に適応していかなければならない。 このような消費者行動の変化を理解し、消費者のニーズや要望を中心に企業戦略を立てることが、今まで以上に重要となっている。興味深いのは、消費者が企業をサポートすることに積極的であることだ。ライフスタイルサーベイ調査の回答者の約50%が、企業の製品やサービスの開発に、情報を提供するなどして関わりたいと考えている。 企業有識者の多くは、消費者トレンド、特に自社の既存顧客層のトレンドをよく理解していると考えているが、消費者の「協力したい」という姿勢を上手く活用することで、自社の優位性を維持し、さらにはより幅広い潜在顧客層に訴える機会を作ることができるだろう。 企業戦略を考える際、「自社の中心的顧客層間のトレンド」「地元の消費者トレンド」「世界の消費者トレンド」の3要素はどのように順位付けされるか Source:

Read more

中東地域の消費者トレンドを形成するEコマース、トレードダウン、巣ごもり生活 | Market Research Blog

※本記事は英語でもご覧頂けます:How E-Commerce, Trading Down and Staying Close to Home are Shaping Consumer Trends in the Middle East 2021年、新型コロナウイルス(COVID-19)がもたらした課題は、引き続き中東地域に重くのしかかっている。地域および世界情勢の見通しが不透明であることに加え、失業率の上昇やソーシャルディスタンス措置といったパンデミックの影響が残っていることから、2021年以降の小売における支出は減少すると予想されている。パンデミックの発生から1年が経過し、消費者はニューノーマルに適応しつつあるが、消費習慣は変化している。2021年以降の中東地域で注目すべき3つの消費者動向は、「Eコマースへの移行」、「トレードダウン」、「自宅(の近く)に留まる」である。 全体的に遅く、国によって異なる今後の景気回復 2021年、中東地域の多くの国では、小売における支出が増加するものの、ほとんどの国では2019年の水準に回復するのは2022年半ばか2023年になるだろう。

Read more

全球大家电及空调市场概览 | Market Research Blog

大家电 欧睿国际数据显示,2020年,全球大家电1受疫情影响,零售量增长由正转负,同比下滑6.5%,零售额则因消费者在疫情下的审慎支出同比下滑8.3%。其中: 北美市场:受低利率影响,美国的房地产及装修市场逆势蓬勃发展,一定程度上带动了大家电产品的销售,零售量基本与去年持平。 欧洲市场:消费者可支配收入的降低以及装修计划的延迟,使得欧洲市场大家电零售量同比下滑了5.9%。 澳洲市场:经济衰退及房地产市场低迷带来了不利影响,但政府的经济刺激方案短期内利好消费市场,该地区的大家电零售量同比实现持平。 中东非市场:2020年中东非市场成为零售量下滑最为严重的市场,增速为-12.0% 亚洲市场:仍为全球最大的大家电消费市场,2020年贡献了全球43%的大家电零售量,该地区零售量同比下跌8.1%。 印度市场由于经济受疫情结构性冲击,下滑较为严重,增速为-24.6%。 印尼市场为东南亚最大的大家电市场,由于经济下行及失业潮,增速为-6.3% 日本市场虽受到低迷房地产市场及政府防疫规定的影响,大家电零售量表现仍优于亚洲整体水平,增长为-6.9%。 韩国市场则由于线下商店并未被强制要求关闭或缩短营业时间,以及政府发放的刺激性补助金,大家电零售量同比实现正增长2.7%。 全球范围内大家电市场情况 资料来源:欧睿国际 Euromonitor International 空调 此外,虽然疫情促使全球消费者更多关注家电的健康功能,从而有利于部分空调新品在夏季的销售,但仍然难以冲减疫情带来的诸多不利影响,因此2020年全球空调零售量仍然取得近五年来首次负增长,增幅为-7.7%。其中亚洲市场跌幅最大,增速为-8.6%,北美市场,西欧市场及东欧市场则分别实现增长-3.9%,-7.8%以及-4.4%。 疫情无疑改变了2020年全球家电市场趋势,并重塑了产品升级的路径以及价值定位。 1. 健康价值逐渐成为全球各类家电产品的新主张。无论是冰冷产品的健康储鲜,洗衣产品的杀菌消毒,还是空调产品的新风净化,都成为了北美,欧洲及日韩等市场的热词。

Read more