欧州スーパーリーグ構想: 独立リーグがサッカー界へもたらす影響の可能性を考える | Market Research Blog

※本記事は英語でもご覧頂けます:European Super League: Sizing the Impact a Breakaway League Would Have on Football 欧州スーパーリーグ(European Super League、以下、ESL)は、欧州のビッグクラブ15チーム(内12チームの参加が正式発表されていた)が参加し、既存の欧州サッカー連盟(UEFA)主催のチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに代わる、新たな平日の試合となるべく創立された。しかし、ファンや選手、政府、その他の主要なステークホルダーたちからの厳しい監視と圧力により、計画は早々に頓挫することとなった。 ESL設立の目的は、欧州のクラブサッカーのあり方を変えることであった。プレミアリーグ、ラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)、セリエAの上位チームから選ばれた12チームは、経済的な持続可能性への懸念を主な理由のひとつに上げ、既存のUEFAチャンピオンズリーグやUEFAヨーロッパリーグに対抗する、一部のクラブのみで行われる独自リーグへの参加合意を表明した。この発表には多くの人が反感を抱き、運営機関などからの制裁を受ける恐れがあったため、ほとんどのクラブが急いで撤退を発表した。ユーロモニターのスポーツ業界データベースと独自の算出方法によるクラブ指数データを基に、同プロジェクトが欧州国内リーグにもたらしたであろう、潜在的な混乱の規模を推測する。 クラブ指数データ ユーロモニターのクラブ指数は、世界1,000以上のスポーツチームの商業的な能力を数値化したものである。同指数は、チケットの売上や観客動員数、過去の対戦試合における勝利数、そしてマクロ経済指標など、様々な指数を用いて算出され、既存および将来のスポンサーにインサイトを提供するために同業界内で広く活用されている。 ここでは、ESL参加を発表したクラブの強みとともに、同構想が目論みどおりに進んでいた場合、他の国内および大陸の大会にもたらしたであろう喪失も見ることができる。

Read more